タイル(在来)風呂⇒高断熱ユニットバス

既存の在来風呂(BEFORE)
壁・ブロック塀・タイルを解体し、1坪サイズのお風呂が入るように広げました。
給湯・給水・排水等の配管工事後、土間困コンクリートの打設を行いました。
システムバス完成(AFTER)

ここ数日、12月本来の寒さを感じられるようになりました。

暖冬とはいってもここまで寒くなってくると、身に応えます。

今回の改修は、在来工法のタイルのお風呂から、暖房設備を備えたシステムバスへの入替工事です。

壁パネルを上級グレードに変更したことで、高級感が一段とアップしました。

既存のお風呂は、壁・天井ともにコンクリートブロックに覆われていて、解体工事が通常よりも大変な作業となりました。

当時の大工さんが水回りの腐食を心配して、あえてブロックを使ったのだと想像できますが、解体ともなると一筋縄ではいきません。

朝から夕方6時近くまで作業を行い、何とか解体作業を終えました。

解体前に屋根裏に入って現場調査を何度も行ったので、予定どおり1坪サイズのお風呂を収めることもこともできました。

お客様の「できれば年内工事でお願いしたい」というご希望にも沿うことができ、年末年始は温かい浴室で快適に過ごしていただけるので、私たちもうれしい限りです。