床の傾きを直しました。

2011年の震災では、家が傾いてしまった方々が大勢いたと思います。

当時、私も何件か建物本体を上げて直す工事をしました。工法としては地盤ごと持ち上げるか、

基礎はそのままで土台をジャッキアップして直す2種類が主ですが、

どちらも高額な費用がかかるのであきらめた方も多いと思います。

今回は、OBの方から廊下を歩いていて気持ちが悪いということで、

廊下だけでも直したいと依頼がありました。

レベルを図ってみたところ、約2mの距離で7cmの高低差がありました。

まずは、床を全て解体して低い所を基準に束と根太を組み直し水平にしました。

写真右端が7cm下げた箇所でつま先をぶつけないように、フロア材を加工してスロープ状にしました。