リノベーションとリフォームを担当するスタッフをご紹介させていただきます。
ご相談やご質問にはわかりやすくご回答しますので、お気軽にお尋ねください。

衣幡 浩一

若手から定年を過ぎたベテランまで、幅広い顔ぶれでお待ちしてます。

衣幡 浩一

時代が次々と変化していくように、建築業界もいろいろな動きがあります。
リフォームというと、ある程度の自己資金を準備してからでないと工事を行うことができないというイメージがあるかと思います。
しかし、必ずしもそうではありません。今はほとんどの方が、住宅ローンを組んで住宅を購入する時代です。その住宅ローンを上手く活用し、負担を極力少なくして、リフォームを行う方法をご提案します。

住宅ローンの借り換えを上手く利用することで、高額な自己資金が必要なリノベーションについても、月々の支払いに数万円上乗せすることで実現させることも可能となります。
家を建てて、10年もすれば様々な不具合が出てくるはずです。お子さんの成長に伴い、家の使い勝手が変わってくることもあると思います。
お客様が不便に感じていることや、悩みに十分寄り添い、納得していただけるリフォーム・リノベーションをご提案させていただきます。
是非一度、ご相談ください。

齋藤 豊

人間はケガをしたり、病気になったりします。年を取ると治りが遅くなったり、大変な治療が必要になったりもします。しかし、健康診断や日頃の予防を心がけることで、大きな病気を回避できることも多々あります。

家も似ていると思います。壊れたり、壊れそうだったら、いち早く修理したいものです。そうなる前に手を打てれば最良です。
私は、災害等に備えたり、弱っている部分をいち早く見つけたりできるような提案をしていこうと思います。さらに、弱っている部分を直すだけでなく、全く新しい次元で、大切なお客様のお宅をリノベーションすることにも力を入れて提案していきます。

後藤 修一

リフォーム工事に従事して14年目となりました。
これまで、店舗の改修から大規模リフォームなど、数多くの案件をいただき、お客様から感謝の言葉をいただいてまいりました。
お客様のおかげで、たくさんの紹介案件をいただき、日々、成長させてもらっていると実感する今日この頃です。

弊社が考えるリノベーションとは、これまで大切に住み続けてきた家を、親から譲り受けたり、家族構成が変わったりして、さらに使い勝手の良い家に造り変えるための工事です。これまで、大規模改修工事に携わってきた経験を生かし、お客様のご希望に沿った最善の工事をご提案します。

何かを行えば、必ずリスクはついてくるものです。それは、リフォーム工事においても同じです。それを十分に考慮し、家族みんなが安心して住み続けられる後悔のないリフォーム・リノベーションを追求してまいます。

菅井 耕作

リフォーム事業部を立ち上げ早18年目になります。
スタートした当初は小工事「網戸一枚・コンセント一ヶ所取付」と知名度も無く困り果てた時期も多々御座いました。しかし、今では紹介はもちろんのこと、問い合わせに関しても中工事から全面改装、店舗改装等、様々な注文をいただけるまでになりました。すべて、お客様に支えられてきた結果です。

近年では、「リノベーション」という言葉が世に出回っておりますが、弊社では、リノベーションと呼ばれる大規模改修工事に長年携わってまいりました。
お客様のご希望、ご予算に合わせた最善のプランをご提案できるはずです。
定年を遥か過ぎた私目では御座いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ポートレート写真横の「増改築相談員登録証」とは、財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターによる、建築経験10年以上を有するものが得ることができる資格です。

財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターは、「住宅品質確保法」、「住宅瑕疵担保履行法」に基づく指定住宅紛争処理機関(住宅紛争審査会)への支援業務を行うほか、消費者の利益の保護や住宅紛争処理に迅速、適正な解決を図るための幅広い業務を行います。
また、消費者が安心してリフォームを行える健全なリフォーム市場の整備を目指し、情報提供や相談業務を行っている機関です。